トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

LSD

06930007_1 今日は微風の中、LSDを行いました。
1時間で9キロ、キロ6分30秒ほどですがこんなに走ったのは久しぶりです。

写真は家から4キロ地点です。
海辺を走っており、遠くに霞んで見えるのが明石海峡大橋です。
橋の地点までここからまだ11キロあります。
11月の大会までには大橋の地点まで走り、その近くにある温泉に入浴してみたいです。

06930010 これは折り返し地点から少し行ったところの明石象や明石原人の骨が発掘された場所です。
今も掘り返したら、化石は出てくるそうです。

06930013 ラスト1.3キロ地点です。
南国風の樹木が植えられて、夏の海水浴の季節にはたくさんの海水浴客で賑わいます。
ここで喉が渇いたので立ち止まって給水すると、走ろうとしても足が動かず困りました。

走り終えた感想は、案外走れるやん、てとこです。
次回のLSDは、1時間20分程度を考えています。

さあ、明日はテニスの練習会ですが、天気が心配です。
降水確率が20%。
照る照る坊主に晴れるようにお願いしてみます。

今日は膵臓君は、機嫌が良かったです。

失われた体重まで、あと 5.9キロ(ベスト体重59キロ)
神戸ハーフマラソンまで、あと50日(11月19日、10キロの部出場)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

久々のラン

久々のランです。

海辺の3.6キロコースでした。
日曜日は3時間テニスをやり運動過多のため、走りませんでした。
月曜、火曜日は残業や家の用事のため走れず。
そして今日走ると気持ちが良かった。

半月が南の空にあり雲がなく、海が月の光で輝いていました。
快晴微風。
夜ですが。
膵臓はごくまれにしか痛みがなく、ご機嫌のようでした。

失われた体重まで、あと    5.9キロ(ベスト体重59キロ)
神戸ハーフマラソンまで、あと   53日(11月19日、10キロの部出場)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

テニスの実力

テニスの実力はありません。

スクールで知り合った仲間と今年の4月からサークルを作り、週一回練習しています。

スクールではクラスは中級でしたが、草トーにはほとんど出たことがないメンバーで構成されており、始めにミニテニス、ボレーアンドストロークそしてサーブ練習が終わればダブルスの試合をする、といった具合です。
今日は8時から約3時間、みんなでワイワイ言いながら楽しく練習が出来ました。

テニス仲間の医師に聞いたのですが、私も40代半ばになり頭髪が少なくなってきているのでテレビのみのさんの話や雑誌で良く報道されている民間療法は効果がありますかと聞きますと医学的に実証されていないので、何も判らないと言われてました。
ハゲには黒酢が効果があるとテレビで見て、単純な私は黒酢の愛好家となっていたんですが、がっかりしちゃいました。

本日はテニスの練習で疲れたので、走るのは止めました。
なにぶん40代後半のため、無理せず楽しくをモットーにしていますので明日時間があれば走りたいと思います。

失われた体重まで、あと    5.4キロ(ベスト体重59キロ)
神戸ハーフマラソンまで、あと   56日(11月19日、10キロの部出場)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

病院(医師)の実力

病院の実力ってこうまで違うとは夢にも思いませんでした。

私は2年前にA病院のB医師に膵炎疑診と診断され、食事制限とアルコールの摂取厳禁を言い渡されました。
薬はフォイバンを処方され医師の指導を守って生活していました。
痛みはほとんどなくたまにピリッとする程度でした。
あれよあれよと言うまに体重が8キロ落ち、最軽量は51.3キロになりました。
このままだと自分の存在が危ないと考え、テニス仲間の医師に相談して転院することにしました。

C病院のD医師に診てもらいあらゆる検査をして頂いた結果は同じ膵炎疑診でしたが、食事制限は緩く、アルコールもほどほどに飲んでもいいと言うことでした。
D医師は膵炎に強い大学を出られ、かつ研修病院も厳しいことで有名な病院で受けられたそうで、実力は折り紙付きだそうです。

かたやA病院のB医師は膵炎には弱い大学を出られたそうで、膵炎確診と膵炎疑診との食事制限やアルコール厳禁の指示の区別はほとんど一緒でした。
今月上旬にD医師から上記のように診断され、薬は飲まなくても良くまた通院はしなくても良く、1年後に来てくださいとのことでした。

医者によって同じ膵炎疑診と判断されても、食事制限や通院のことの判断がこうまで違うとはビックリしました。
私はD医師の判断に従いたいと考えます。

薬は6月上旬から飲むのを止めており、体重も徐々に増えています。
D医師の説明にも私自身納得しています。
仲間の話を聞き、有名大学を出たと言っても自分の病気には精通しているのかどうかは別問題ですので、医師の説明に納得できないときは知り合いの医師や医療機関に詳しい方に話を聞き、良い病院に転院するのがいいと思います。

昨日、出張の後、久しぶりにビールを飲んだにのかかわらず、今日を朝8キロを走りました。
風は少しありましたが気持ちよかった。

失われた体重まで、あと    5.4キロ(ベスト体重59キロ)
神戸ハーフマラソンまで、あと   57日(11月19日、10キロの部出場)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

失われた2年間

こんばんは。

私は2年前にA病院で慢性膵炎疑診と診断され食事制限を薬の服用を指示どおりに行っていたら、体重は8キロ痩せヒョロヒョロになり自分がこのままでは消滅してしまうのではないかという不安になりました。

テニス仲間の医師に相談するとA病院は戦力的には弱いので転院することに決め、B市民病院に転院し名医に診てもらうと、診断は同じ慢性膵炎疑診でしたがアルコールはすこしは飲んでも良く、薬の服用は不要で、病院には1年後に来てくださいと言われました。

同じ医師でも同じように検査をしているのに、ここまで診断が異なるとは予想もしませんでしたが、なにはともあれ良かったです。

今は、この2年間で失われた体重8キロを回復出来るよう努力しているところです。

失われた体重まで後  5.5キロ
神戸ハーフマラソンまで後 59日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

夜練

夜練、7時前からいつものコースを3.8キロ、キロ6分15秒程度でゆっくり走りました。
今日は夜は涼しくて走りやすかったですが、右膝に少し違和感がありました。   

昔と違って飛ばせません。
はっきり言って年のせいですわ。
11月中旬に神戸ハーフマラソン10キロの部に出るんで完走目指して練習に励んでいます。

走った後は気分爽快です。
走った後は一杯っと行きたいところですが、慢性膵炎疑診という訳のわからない病名を言い渡されていますので、ミックスジュースかグレープジュースで乾杯してます。

これからも楽しく走りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

はじめまして

はじめまして。 マーサーと申します。

プログを始めたいと考えて早くも6ヶ月経ち、やっと始めることが出来ました。

今日は台風の影響でマラソンの朝練は南西の風が強く、6キロしか走ることが出来ませんでした。海辺に住んでいるため海岸道路は絶好のマラソンコースですが、強風の中では軽量の私には走りずらいです。

本格的に走り出してから4,5ヶ月です。8年前にハーフマラソンに出場し有森選手と一緒に走ったことありますが、記録は惨めなものでしたが完走することができ、気持ちよかったです。

11月には神戸ハーフマラソンの10キロの部に出場します。どうなることやら、今から楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年10月 »