« 最新医学9月号 | トップページ | 酒蔵開き »

2008年1月14日 (月)

21世紀の新世界


今日のコンサート
今日は久しぶりに、コンサートに行ってきた。
午前中はテニスの練習会で、試合は悲惨な3連敗でがっかりした気持ちを引きずりながら、大阪へと向かった。
超満員のシンフォニーホール
金聖響指揮、佐藤卓史ピアノ、大阪センチュリー交響楽団演奏

プログラム
ベートーヴェン:歌劇 「フィデリオ」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 「皇帝」
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」

まず「フィデリオ」序曲
初めて聴く曲だったのでよく分からなかった(汗)

2曲目は「皇帝」
以前テレビで中村紘子の「皇帝」第1楽章を聴いたことがあるが、演奏者によって演奏のしかたが異なるのがよく分かった。
最初の出だしが、オケとピアノのタイミングがずれ、オケの音が小さかったと感じたが?
それ以外は、佐藤卓史の流れるようなピアノの演奏は雄大なスケールと力感あるれる内容に満足しました。

3曲目は「新世界より」
「新世界より」は演奏を生で聴くのは4回目です。
いろんなオケの演奏を聴いたが、今日が最高に良かった。
シンフォニーホールの音響効果が良かったのか、それとも金聖響の指揮が良かったのか、はたまた大阪センチュリーの演奏が良かったのかは判断できない。
でも金聖響のダイナミックでしかし繊細な指揮は見事でした。
彼は若いのに凄い。
アメリカやオーストリアで勉強してきただけのことはある。
しっかりオケをリードして、郷愁に満ちた美しい旋律が溢れていた見事な聴き応えのある演奏でした。
やっぱり、「新世界より」は何回聴いてもいい曲ですわ。
思い出がいっぱい詰まった曲なんです。
次回はいつ、コンサートに行こうかな?

|

« 最新医学9月号 | トップページ | 酒蔵開き »

コメント

金聖響の皇帝、新世界ですか。
なかなかいいプログラムですね♪
金聖響は人気ありますね、大フィルの英次も好きですが
最近かなりCD出してますね。

新世界は第二楽章があまりにも有名ですが、力強い
第四楽章もいいですよね。
ラストまで一気に盛り上がりますね。

シンフォニーホールは音響がいいですね。
フェスより格段にいい残響音です。

また、夏、コバケンと一緒にお会いしましょうか(笑)

投稿: こやまっち | 2008年1月18日 (金) 14時32分

こやまっちさん、こんばんは。
シンフォニーホールの音響はよかったですわ。
ずっとフェスティバルホールの演奏会に行ってたのですが、シンフォニーホールが好きになりました。
金聖響はよかったですよ。
また彼の指揮するコンサートに行ってみたいです。

今年の夏もコバケン3大交響曲のコンサートはあるのでしょうか?
コバケンはたしか60半ばですよね。
昨年は演奏と演奏の間で、水分を補給していましたが疲れるのでしょうね。

コバケンコンサートで、こやまっちさんとお会いできたらうれしいです。

投稿: マーサー | 2008年1月18日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151576/9869334

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の新世界:

» 英語が上達しなくて焦ってます [英語 上達の秘密]
英語上達について。現在オーストラリアに留学中なのですが、もう一ヶ月たつのに、英語が思ったように上達しません。今年の末には日本に帰るので残り時間も短く焦っています。留学経験のある方、どれくらいで英語の上達を実感されましたか?あせってはいけないと判っていながらも、少し焦りを感じています。回答アメリカの大学に行っていたものです。私の英語上達の経験で言うと・・・だいたい数ヶ月で「雰囲気」に慣れてきてビビらなくなり、半年から1年で物怖じせず下手ながらもなんとか口から英語がポロポロでるよ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 22時20分

« 最新医学9月号 | トップページ | 酒蔵開き »