« 100箇日 | トップページ | 寒い »

2008年2月23日 (土)

コバケンの音楽塾

Imgp2906 昨日は私の母校である神戸大学主催の「コバケンの音楽塾」に行ってきた。
会場は最近出来た神戸芸術センターです。

当初の進行予定では、小林研一郎(以下「コバケンさん」とする)、神戸大学教授と司会者の3人で座談会方式で進める予定がマイクの調子が悪く、座談会は急遽中止になったsad

その代わり、コバケンさんによるコバケンさんの指揮者に至るまでの生い立ちの話となった(大室さんのピアノ演奏を挟みながら)

苦労の末、東京芸術大学指揮科を30歳で卒業した。
34歳の時、ハンガリーでブタペスト国際指揮者コンクールに参加。
コンクールまで1ヶ月しかなく、指揮予定曲の60曲は到底勉強出来ないと思われた。
でも、食事中や入浴中の勉強し(寝ている以外は勉強されたそうです。)、なんとか60曲をほぼマスターしたそうです。

1次予選では60曲中抽選で2曲指揮するのですが、抽選で選んだ曲は、

  1番 ベートーベンの「交響曲1番第2楽章」
  2番 ロッシーニの「セビリアの理髪師」    

だったそうです。
2番は自信があるが、1番は自信がない。
演奏は1番を最初に指揮しなくてはいけないが、コバケンさんは指揮台に立つと突然、

「セビリア!」

と大きな声で言って、指揮棒を振ると「セビリアの理髪師」をス~と楽団員が演奏してくれたそうです。
とても上手くできたそうで、その勢いで次の苦手な「交響曲1番第2楽章」も上手く演奏できた。
その後の予選も勝ち進んで、本戦でも2位に100点以上の大差をつけて優勝を勝ち取ったscissors

ピアノを担当された大室晃子さんは長身で綺麗なピアニストでしたshine
ぶっつけ本番のわりには、コバケンさんがリクエストされる曲を上手に弾かれていましたよ(ミスタッチもありましたが)
「皇帝」の演奏が始まると、私は聞き惚れてしまい最後まで聴きたかったですわnotes(演奏は4,5分で中断されました。)
来年からは東京芸術大学の非常勤講師を務められるそうです。

最後にコバケンさんが弾くピアノで「ふるさと」を観客全員で合唱しました。
終わると、万雷の拍手、拍手。
いや~、昨日はマイクの調子が悪くて私には幸いでした。
関係者の方々はお疲れ様でした。

コバケンさんの話を聞いていると、自分を追い込んで大好きなことを無我夢中でやっていると、出来そうでないことも出来るようになるんだなと感じました。
コバケンさんは今年68歳。
今年で大学は退官されるそうです。
そんなお歳には見えない、エネルギッシュな指揮者でしたgood
今年も大阪フェスティバルホールで「3大交響曲の夕べ」を開催してくださいね。
楽しみにしてまっせsign03

今日の膵臓君
今日のRUN
4K:25分02秒
北西の季節風が強くて、走りづらかったrun
海岸線を走るのはしんどいです。
膵臓君は今日もまずまずでした。
ほんの少しだけピリッとしましたが、だいたい好調でしたhappy01
体重を久しぶりに測定すると、最軽量から0.7Kだけ増加してました。
どうしたら体重は増加するのは、エースの担当医に次回の診察時に聞いてみたいと思います。

|

« 100箇日 | トップページ | 寒い »

コメント

お久しぶりです.

コバケン,私の好きな指揮者の一人です.68才なんですね?!とてもそんなお年には見えない情熱的な演奏が魅力ですね.また,彼の演奏を聞きに行きたいと思います.昨年聞いたショスタコービッチも良かったです.

投稿: ベンタ | 2008年2月24日 (日) 21時03分

ベンタさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
お元気ですか。

今年4月に68歳になられるそうですよ。
それにしても若々しかったです。
元気の源は何なんでしょうかねflair

去年大阪であった「3大交響曲の夕べ」は気合いの入った指揮でした。
今年も「3大交響曲の夕べ」のコンサートがあれば是非とも行きたいと思いますnote

投稿: マーサー | 2008年2月24日 (日) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151576/10704325

この記事へのトラックバック一覧です: コバケンの音楽塾:

« 100箇日 | トップページ | 寒い »