« 夜間ラン | トップページ | スポーツの秋ですが »

2009年10月10日 (土)

鉄人28号と神戸大学公開講座

Photo_2
今日は神戸市にある鉄人28号と母校である神戸大学の公開講座に行ってきた。

写真は神戸市の若松公園に完成した鉄人28号です。
チャリコで2号線を走り見学に来ようとも考えたが、交通量の多い2号線は危ないため電車で行った。
とにかくデッカイですsign03
原寸大だそうで、迫力がありましたわ。
それにしても50歳代を中心に実にたくさんの人が見学に来ていた。
鉄人28号により阪神大震災後に落ち込んだ神戸市の経済が、元気になることを願っています。

Photo_3
その後、神戸市須磨区にある神戸大学医学部保健学科の校舎に向かった。
須磨の学舎は学祭で賑わっており、保健学科の若いお姉ちゃんが会場を賑やかにしていたshine

公開講座の内容は、『手洗いと感染防止』です。
新型インフルエンザを予防するため、テレビやネット以外に新鮮な知識と知恵を得たいと思い参加した。

講座で聞いたことを書き上げると、
・感染の定義は、
 ウイルス→付着→侵入→定着→増殖→反応(発熱等)
 と進み、付着で感染とし、反応で感染症とする。
 付着までが手洗いが有効である。
・インフルエンザに感染するのは、飛沫感染より空気感染(飛沫核感染)が怖いらしい。
 マスクは単に他人へのエチケットでしかなく、役に立たない。
・感染の三大要素は、人・バクテリア・経路であり、この要素が重なることで感染する。
・消毒とは病原微生物をやっつけることである。
・のどヌールスプレーの過信はダメ。
 使いすぎは身体をこわすため、お茶や塩入りのお茶でのうがいで十分である。
・イソジン等のうがい薬は湯では使用せず、必ず水を使用する。
・トイレなどにある消毒薬やお風呂に置いてある補充式プラスチックシャンプーは、容器を洗わないためバイ菌だらけである。
 継ぎ足すばかりではダメで、液がなくなったときに容器を洗って乾燥させる必要がある。
・数年前、大きな病院で院内感染があった原因は薬局での調剤時にバイ菌が薬に混入したことが原因である。  
・手洗いは石けんや消毒薬で行い、方法は単に日常的な手洗いで十分である。
 但し水洗いだけなら、洗わない方がましである。
・消毒液は病院等に置いてあるが、容器が大きく且つこぼれるやすい。
 ポケットに入るコンパクトなジェル式消毒液があるのでお勧めする。        

早速薬局でジェル式消毒液を買ってきた。
これを職場に常備しておき、お昼を食べるときに使用したいと考えているpunch

|

« 夜間ラン | トップページ | スポーツの秋ですが »

コメント

やっぱりマスクは意味ナシですよね。
暑苦しいし、病院に行くのもマスクするのやめました。
我が家では玄関に消毒用ジェルがおいてあります。
使っているのは私だけですが・・・。(笑)
こういう健康関係の講座って
なるほどと思えるような知識が得られて良いですよね。
色んな情報ありがとうございました。

投稿: あゆ | 2009年10月11日 (日) 14時40分

さすがあゆさんですね
早くも消毒用ジェルをゲットされていましたかsign01
私の情報が参考になればうれしいですわ。

新型インフルエンザはどうなんですかね。
亡くなっている方もいますが、報道管制が敷かれているのか一時のように騒がれなくなっていますよね。

今日テニス仲間のお医者さんと話をすると、
『亡くなった人から細胞摂取はしてるんかな~?』
と言われてました。
小さな子供が感染し亡くなる報道に接することがありますが、可哀想でなりません。

新型インフルエンザのことを気にせず、テニスができることを望んでいますcoldsweats01

投稿: マーサー | 2009年10月11日 (日) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151576/31733375

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人28号と神戸大学公開講座:

« 夜間ラン | トップページ | スポーツの秋ですが »