« 免疫力を高める生活 | トップページ | ファイト »

2010年1月28日 (木)

司馬遼太郎記念館

今日は代休でした。
小雨が降っていましたが、9時過ぎには小雨も止んだようだったので出かけることにした。

出かけたのは、東大阪市にある『司馬遼太郎記念館』です。
大好きな司馬遼太郎さんの記念館に、やっと訪れることができました。
行きたくて行きたくてしょうがなかったのですが、夢が実現しましたflair

場所は近鉄河内小阪駅から歩いて12分(見事に道に迷ったため20分ほどかかりましたがsweat01)。
閑静な住宅地に記念館がありました。
門の内外にはボランティアの方々が、お客さんの案内をされていました。

Photo
写真は亡くなる直前まで、使われていたままの状態に残されている書斎です。
机や本棚は高価な物ではありませんが、きれいに整頓されていました。
奥の部屋から今にでも、司馬さんが現れそうな雰囲気でした。
菜の花がお好きだったそうで、書斎の前にはたくさんの菜の花の鉢が置かれていました。

Photo_2
少し奥まった場所には、花供養碑が置かれていました。
『ふりむけば 又咲いている 花三千 仏三千』と刻まれています。

Photo_3
写真は記念館へのエントランスです。
記念館は残念ながら撮影禁止のため、写真はありません。
地階には11メートルの高さがある本棚が圧巻でした。
自宅には6万冊の蔵書があったそうです。
凄い量ですね。
特に趣味がなかった司馬さんは、執筆に熱が入ってくると寡黙になったそうです。

Photo_4
地階での企画展は、『坂の上の雲』についてでした。
秋山兄弟や正岡子規らのことが詳しく展示されていました。

地階の壁面に作られた大書架の写真を載せられないのは残念ですが、興味がある方は是非訪れて下さい。
自宅に4万冊、大書架に2万冊の蔵書があるそうです。
あまりの蔵書の多さに圧倒されること間違いなしですfuji

今年から某国営放送で『坂本龍馬』のドラマが始まっています。
昭和43年の産経新聞に『竜馬がゆく』が掲載されていましたが、その紹介文には、
『男の中の男の坂本龍馬』と記載されていましたが、今回のドラマに出演している男優さんが、どうもね…
ゆえに一度もドラマを見ていません。
個人的には、32年前に大河ドラマ『花神』の坂本龍馬役で出演していた夏八木勲さんが、イメージとしてはピッタンコなんですがね。
男臭いし、男が惚れ込む男を見事に演じていました。
残念ながら夏八木勲(70歳)さんを今回のドラマの主演にすえるには、ちとお年を取られていますし…
基本的に坂本龍馬が大好きですから(京都の坂本龍馬のお墓にも以前行ってきた)、気が向いたら国営放送のドラマを見てみたいと思います。

|

« 免疫力を高める生活 | トップページ | ファイト »

コメント

東大阪まで行かれてたんですね。
そういえば昨年末に放映された『坂の上の雲』、なんと3年がかりで放映だそうで。
もう少し縮めてもらわないと忘れそうです(苦笑)。
私は山本周五郎も好きなんですが、須磨寺に文学碑があるそうです。
今度覗いてみようと思っています。。。

投稿: フジさん | 2010年1月29日 (金) 21時45分

フジさん、はるばる東大阪まで行ってきました。
大阪駅周辺には、たまに出かけますが、東大阪は距離はそう遠くはないですが、気分的にはかなり遠いですね。

『坂の上の雲』は好きでしたが、テレビは見ていません。
1話が長時間だし、それにフジさんが指摘されているように3年がかりの放映はだれますよね。

山本周五郎ですか。
たしか須磨寺に文学碑があったような…
32年前に見たような気がします。

投稿: マーサー | 2010年1月30日 (土) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 免疫力を高める生活 | トップページ | ファイト »