« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月28日 (日)

桜の季節

Photo
おっさんの週一tennis
コートの状況

 日時 :平成22年3月28日(日)
 時間 : 2H00 
 天候 :晴れ
 気温 :13度ぐらい
 風   :南西の風2メートル
 コート:オムニコート 1面

今日の試合結果(すべてゲームカウント)
 第1試合 ●1-3
 第2試合 ○3-1
 第3試合 ●1-3
 第4試合 ●1-3

公園内では、チラホラ桜が咲いていた。
来週になると、桜も満開になるのでしょう。

快晴で風もなく、やっと暖かくなりました。
寒がりの私にとっては、やっとスポーツの季節到来ですわnotes
練習中は身体が暑くなり、半袖でコート内を走り回った。
試合のほうは、最初は身体は軽くよく動いたが、後半は疲労から足が止まってしまった。
せめて平日に1日ジョグができれば、かなり動けるのでしょうがねsweat01

   
今日の留意点
 1.ストロークはラケットを早めにひく。
 3.足を素早く動かす。

今日の課題
 1.足が直ぐに疲れた。
 2.打点が遅れ気味。
 3.打点が低い。
 
今日のファインプレイ
 1.特になかったcoldsweats01

| | コメント (2)

2010年3月27日 (土)

無料修理

今日は午前中は良い天気だったが、寒かったdown
笑顔のいい整形外科医に自転車に乗ってもいいと、せっかく言っていただいたのに寒くて乗らなかった。
それで午前中はテニスクラブの更新手続きに行ったり、背広を新調したりしていた。

我が家の車はト○タなんですが、販売店からの連絡によりブレーキ辺りが油漏れするらしく、無料で修理してもらった。
ほっておいたらブレーキが効かなくなったのでしょうかsweat01
車は半日の修理により、元気に帰ってきました。

天気予報によると、来週は暖かくなってくるそうだから来週こそ自転車に乗ることにしておこうcoldsweats01

今日のおっさんrun
コース :播磨CR西コース
4 K   :24分26秒
往 路 :11分59秒
復 路 :12分27秒
気 温  :10度
風      :南西の風3メートル

| | コメント (2)

2010年3月25日 (木)

自転車乗るぞ

昨日、JR西明石駅にある整形外科に行ってきた。

1ヶ月前に職場近くの整形外科に行ったが、医師のレベルの低さに驚いた。
運動後、首と腰に痛みが時々あることを訴えて、触診後、レントゲンをとってもらった。
私が、
『自転車に乗るのは前傾姿勢をとるため、腰によくないですよね?』
と聞くと医師は、
『ご自分で悪いと思っていることは、すべきでない。』
と全くの素人のようなことを言うpunch
コイツはダメだと考え、ドクターショッピングとあいなった。

さて昨日の熟年の笑顔がいい医師は触診後、レントゲン写真を凝視していた。
何を言われるかと、心配していたが、
 ・首と腰に若干の異常があるが、年相応の老化で全く問題はない。
 ・どんどんスポーツを楽しんで下さい。
 ・特に自転車は前傾姿勢になるため、腰には全然問題ないです。
 ・しかし腰を反らすのは背骨にいいことはない。
 ・日常生活は気にすることはなく、筋トレやリハビリも不用です。
と納得のいく明快な診断を頂いた。
医師の資格を持っていると言ってもレベルの違いに驚いた。

これからは首と腰を労りながら、思い存分スポーツを楽しみたいと考えているhappy01

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

姫路城見学

Photo
今日は父といっしょに姫路城を見学してきた。
去年の年末以降、父から平成の大修理前の姫路城を見学したいと言われていた。
快晴無風で暖かく、これ以上の条件がない天気であった。

自宅を出て、大手前公園地下駐車場に着いたのが9時前。
新聞によるとお城の近くの駐車場は直ぐに満車になるため、満車覚悟で行ってみたが時間が早かったからか、よく空いていた。
駐車場のナンバープレートを見てみると、広島、名古屋、岐阜、そして遠くは浜松ナンバーまであった。
徹夜で走ってきたのだろうか。

桜門橋を渡り城内へ。
お城の右手にはクレーンが立っており、今日も工事用の資材を運ぶためか稼働していた。
既にたくさんの見学人が詰めかけており、入場券売り場は長蛇の列ができていた。
東京方面からは1泊2日(車中1泊)の姫路城見学弾丸ツアーがあるらしい。
姫路滞在時間わずか3時間で、それと思えるツアーのバスガイドさんが、旗を持って先導する姿を見かけた。

Photo_2
父は足が弱いため、残念ながら入場券を買って天守閣には登らなかった。
しかし久しぶりに見る姫路城は、威風堂々としており、平成の大修理を心待ちにしているように見えた。

大修理が終わるのは平成26年で、工事期間はあと4年だそうだ。
完成後は再び父を連れてきて、修理が終わったニュー姫路城を見学したいと考えている。

Photo_4
時間があったので、お城の西側にある好古園に寄ってきた。
この廊下では、水戸黄門などの時代劇の撮影に使われたそうです。

Photo_5
お昼が近づいたので、新鮮な卵で有名な『たまごや』へ行き、穴子たまごかけを食べてきた。
久しぶりの親子の時間を持つことができ、たまには親子で出かけるのもいいものだと思った。

今日のおっさんrun
コース :播磨CR東コース
4 K   :23分59秒
往 路 :11分53秒
復 路 :12分06秒
気 温  :10度
風      :南よりの風2メートル

| | コメント (4)

2010年3月21日 (日)

2週間ぶり練習会

おっさんの週一tennis
コートの状況

 日時 :平成22年3月21日(日)
 時間 : 2H30 
 天候 :曇りのち晴れ
 気温 :13度ぐらい
 風   :北よりの風8メートル
 コート:オムニコート 1面

今日の試合結果(すべてゲームカウント)
 第1試合 ●3-4
 第2試合 ●2-4
 第3試合 ○4-3
   
2週間ぶりのテニスでした。
先週は腰の調子が心配だったので休んだが、今日は腰も首も調子は良かったので参加することにした。
昨日のジョグで、コート内と所狭しと動けるかと考えていたが、身体は重かった。
時間が経過すると、腰と膝に少しだが痛みが走り出したsweat01

試合はメンバーは4人しかいなかったので、4ゲーム先取とした。
強風のため、ボールコントロールに苦しんだ。
風下だといくら一生懸命打っても、ボールは戻ってくるため力を入れて打たないと、相手コートに届かず、またイージーボールになってしまう。

試合終了後は、疲労のため意識が朦朧としていた。
取りあえず試合の形になっていたので、よかったことにしておこうhappy01

今日の留意点
 1.久しぶりのため、テニス勘を戻す。
 2.ストロークはラケットを早めにひく。
 3.足を素早く動かす。

今日の課題
 1.足が意志に反して動かない。
 2.打点が遅れ気味。
 3.打点が低い。
 
今日のファインプレイ
 1.無理な体勢からバックのダウンザラインが決まった。
 

| | コメント (2)

2010年3月20日 (土)

4K

Photo
今日のおっさんrun
コース :播磨CR西コース
4 K   :24分47秒
往 路 :11分59秒
復 路 :12分48秒
気 温  :17度
風      :南南東の風11メートル

午前中はPC専門店に行っていたので、昼から走った。

往路は追い風の助けを借り快走できたが、復路は強烈な向かい風に苦しんだ。
海岸線では砂が舞い上がっており、苦しさのため開いている私の口の中に砂が入ってきたdown
今週は残業3回と送別会2回有り、平日に走ることはできなかった。
(昨日は2回目の送別会で、先輩後輩といろんな話ができて面白かったが。)
今後は少しずつ暖かくなるため、平日でも走る気が起これば走ろうと考えているhappy01

| | コメント (2)

2010年3月18日 (木)

有志による送別会

昨日は退職される方の、個人的な有志による、こぢんまりとした送別会に参加したbottle
総勢8名でした。
退職されるのはお二人で、40年近く勤められていた。

私の職場は、日本の代表的な年功序列制度を維持してる職場です。
しかし最近は、職員削減、仕事量の増大、複雑化に伴い、職場環境は厳しくなっております。
そんな職場環境の元で、なんとか仕事を回そうと尽力されていた。

退職後は、どうされるのだろうか?
聞いてみると、お一人は今までの仕事の経験を活かした仕事をされるらしい。
もうお一人は、奥さんとゆっくり旅行すると言われていた。

私は定年まで、あとX年です。
退職後はどのように過ごすか、そろそろ本格的に考えなくてはと思っているcoldsweats01

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

先輩訪問

今日は阪急電車に乗り、伊丹まで行き、開業されている先輩に会ってきた。

阪急電車は遠い昔、大学への通学に使っていたが、ほぼ30年振りに乗った。
車窓から山のほうに母校がチラッと見えた。
昔と違い新しい建物がたくさん建っているようだ。

先輩は退職後、関西で有名な大学の法学部に入学されたそうだ。
凄いsign03
入学後、18才の学生達と楽しい学生生活を送っていたが、急に開業の話が舞い込んだ。
何時かは開業する予定だったので、急遽開業されたそうです。
色々と苦労話や、有益な話を聞かせていただいた。
一緒に仕事をしたときの思い出話に花が咲き、楽しい時間を持つことができた。

今日のおっさんrun
コース :播磨CR西コース
4 K   :24分05秒
往 路 :11分43秒
復 路 :12分22秒
気 温  :12度
風      :南西の風2メートル

平日はまったく走っていないdown
走る気はあるが、空腹に負けてしまい、いつも夕食を取っている。
これから徐々に温かくなってくる。
自分を叱咤激励し、平日も走りたいと考えているhappy01

| | コメント (6)

2010年3月10日 (水)

アメリカ彦蔵

吉村昭の「アメリカ彦蔵」読了。

中濱万次郎に引き続き、ジョセフ・ヒコこと浜田彦蔵の小説を読んだ。
彦蔵は私が住んでる隣町の加古郡播磨町の出身だったそうです。
知りませんでした。
そう言えば、町役場の近くで銅像を見たことがあったような気がします。

江戸への航海中に嵐に遭い、漂流してしまう。
アメリカ商船に救助され、サンフランシスコへ。
温かい理解者を得て、東海岸へ。
学校へ行き、英語を学んだ。
アメリカの国籍を取得後、帰国した。
当時は日本は鎖国していたため、日本人としては帰国は難しく、帰国すれば犯罪者扱いされるため日本国籍を捨てていた。

日本ではアメリカ領事館で通訳の仕事をしたり、貿易商を営んだりした。
故郷の播磨町へは3度訪れているが、彦蔵の横柄な態度が災いして、故郷の人からは歓迎されなかった。
結婚はしたが、子供はいない。
子供がいれば、彦蔵も違った人生を歩んでいたかもしれません。
結局、日本人にもアメリカ人にもなれきれず、浮き草のような後半生を送ることになった。
そういう生活が原因で顔面神経痛を患い、住居も転々と変える。
日本国籍も取得できず、失意のうちに61歳で心臓病で倒れ亡くなった。

中濱万次郎が晩年まで精力的に仕事をこなし、老いてからは長男家族と仲良く暮らしていたのと比べると、寂しい人生だったように感じる。

| | コメント (4)

2010年3月 8日 (月)

通院日

体調      :ほぼ良好
アミラーゼ値:144(前回210)基準値までもう少し
リパーゼ値 :126(前回73)少し上昇down

検査結果はまずまずでした。
体重は通院するようになる前から、7キロ落ちたままです。
一時は、何とか体重を増やそうと焦りましたが、体調がよく、どこも痛みや苦しいところがないのなら、このままでいいのではと考えています。

エースの医師から情報提供があった。
急性膵炎や腸に疾患がある患者用の飲む栄養剤の説明会が近々あるそうです。
この栄養剤は、
 ・脂肪0。
 ・主に痛みをコントロールする。
 ・必要なカロリーを摂取する
 ・食事の上乗せ的な働きをする。
そうです。
次回の通院日には、その栄養剤を紹介してもらえそうです。
いろんなものを試してみて、体調を維持し且つ体重の増加に繋がることを願っていますflair

Photo
今日のおっさんrun

コース :播磨CR東コース
4 K   :24分26秒
往 路 :11分50秒
復 路 :12分36秒
気 温  :8度
風      :北西の風8メートル

今日は復路は強風に苦しみ、失速してしまったsweat02
椎間板が摩耗しているところがあるらしいので、グルサコミンを摂取して軟骨の補充に努たいと考えているsign01.

| | コメント (4)

2010年3月 7日 (日)

1ヶ月ぶり復帰

おっさんの週一tennis
コートの状況

 日時 :平成22年3月7日(日)
 時間 : 1H40 
 天候 :曇り
 気温 :7度ぐらい
 風   :北西よりの風5メートル
 コート:オムニコート 1面

今日の試合結果(すべてゲームカウント)
 第1試合 ●2-3
 第2試合 ○3-0
 第3試合 ●1-3
 第4試合 ○3-1
  
実に1ヶ月ぶりの練習会です。
首と腰の痛みはほとんどなくなり、腹筋などの腰痛体操をしているのでテニスを再開することにした。
練習会終了後、薬局によりグルコサミンを購入した。
薬剤師曰く、
『コンドロイチンを含め、こういうサプリメントは継続して摂取することが大事ですよflair
と教えていただいた。
いつまでもテニスやジョグを楽しみたいので、継続して摂取することにする。

今日の留意点
 1.久しぶりのため、テニス勘を戻す。
 2.ストロークはラケットを早めにひく。
 3.足を動かし、素早くボールに近づく。

この1ヶ月は練習会には参加しなかったが、ジョグをしていたので脚力は大丈夫と考えていたが、足は期待に反して動かなかったdown
もちろんサーブも安定せず、ダブルスペアには迷惑の掛けてしまった。

今日の課題
 1.足が衰えていた。
 2.ボレーをたくさん失敗した。
 3.トスアップが安定しなかった。
 
今日のファインプレイ
 1.一発きれいにダウンザラインが決まった。
 2.とにかく、大好きなテニスができたので満足だったhappy01

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

中濱万次郎

中濱博の「中濱万次郎」読了。

万次郎直系4代目が書いた力作でした。
彼の勤勉で実直な人柄がアメリカ人にも受け入れられ、たくさんの友人や後援者に恵まれ、日本に帰国することができました。
彼が帰国したい最大の理由は、『母に会いたい』と言うことでした。
土佐で母に会えたときは、うれしかったでしょうね。

少し長くなりますが、あらすじを書いてみます。
14歳の万次郎は、土佐から5人で漁に出たが漂流してしまい、太平洋上に浮かぶ無人島の鳥島で143日間生活をした。

偶然通りかかった捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助され、ハワイ経由でアメリカ本土に渡った。
船長のホイットフィールドの家でアメリカ生活が始まった。
いくつかの学校で英語をはじめ数学や造船技術などを学び、卒業後は捕鯨船に乗船し、副船長にまでなった。
英語は主に耳で覚えたそうです。
ちなみにホイットフィールド船長の家は、あの日野原先生(聖路加国際病院の日野原重明理事長)が修復に尽力し、ジョン万次郎記念館として開館しています。
ボストンから少し北へ行ったところだそうです。

どうしても母に会いたくて、帰国を決意。
折しもゴールドラッシュに沸く西部の金山に行き苦労しながら金を採掘し、600ドルの帰国資金を作った。
万次郎は、1851年24歳の時に琉球に上陸し薩摩、長崎と取り調べを受け、1852年25歳の時に土佐に帰着し、やっとのことで母と対面しています。

折しも、1953年にペリーが来航し、英語が堪能で生のアメリカ事情に詳しい万次郎に幕府は白羽の矢を立て、幕府に招かれ直参旗本となった。
日米間の交渉に通訳として尽力し、遣米使節団の一人として福沢諭吉らとともに咸臨丸にも乗船した。

開成学校(現在の東京大学)の教授にも任命されたが、周りの嫉妬や妬みに嫌気がさし、退職しています。

ホイットフィールド船長をはじめ、たくさんの心優しいアメリカ人の助けを受け、幕末に立派な仕事をなした中浜万次郎に敬意を表したいと思います。

故郷の土佐清水市には『ジョン万次郎記念館』や太平洋を臨んでいる万次郎の銅像があります。
機会があれば、『坂本竜馬記念館』とともに行ってみたいと考えています。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »