« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

本格復帰

Photo

おっさんの週一tennis
コートの状況
 日時 :平成22年5月30日(日)
 時間 : 2H30 
 天候 :快晴
 気温 :19度
 風   :北よりの風3メートル
 コート:オムニコート 1面

今日の試合結果(すべてゲームカウント)
 第1試合 ○3-1
 第2試合 ○3-2
 第3試合 ●2-3
 第4試合 ●2-3

テニスコートに隣接するグランドでは、元気よく少年少女達がソフトボールの試合をしていた。
彼らにはスポーツの楽しみを十分に味わってもらいたい。

本格復帰ができました。
気分がよかったですわ。
快晴のもとで、大好きなテニスができるなんて。

試合のほうは、第2試合の途中で早くも足が動かなくなってしまった。
何とか勝てた。
しかしそれ以降は、肝心なところでミスを連発し、惜しいところで連敗をしてしまったsweat02
やはり平日は走らなくても、せめて縄跳びでもしたいと考えているpunch


今日の留意点
 1.テニスを楽しむ。

今日の課題
 1.脚力不足が露呈した。
 2.前半飛ばしすぎた。
 
今日のファインプレイ
 1.サーブが面白いように決まった時間帯があったflair

| | コメント (2)

2010年5月29日 (土)

4K

Photo

今日のおっさんrun
コース :播磨CR東コース
4 K   :25分09秒
往 路 :12分11秒
復 路 :12分58秒
気 温  :20度
風      :西の風3メートル

今日は天気がよくて、走っていて気持ちがよかったflair
最近、仕事でクレーマーに捕まってしまい、対応に苦慮しております。
どこにでもいる文句タレですわ。

平日が1日でも走れれば体力維持に繋がるのでしょうが、どうも忙しくて時間がありません。
接骨院にも行かなくてはならないし…

明日も天気がよさそうなので、テニスの練習会に参加してきますhappy01

| | コメント (2)

2010年5月22日 (土)

石ヶ谷ハーブガーデンズ

Photo

石ヶ谷公園に最近できたハーブガーデンズに行ってきた。
こんなのができたのは、ちっとも知りませんでした。
フジさんのブログで知りました。
石ヶ谷公園に近づくと、坂道が続きます。
今の私にとっては立派なヒルクライムですわsweat01
若いときはこれぐらいの坂道はなんら問題なかったのですが、今日はしんどかったです。

Photo_2

ハーブガーデンズは大きくはありませんが、ラベンダーが綺麗に咲いていました。
おじさんが1人で世話をされていました。
あんなにたくさんのラベンダーを見たのは、20数年前に富良野で見て以来です。
フジさん、いいところを教えていただいて、ありがとうございました。

Photo_3

帰宅途中、八木遺跡公園で一休み。
少しもやっていたので淡路島は見えませんでした。
休憩後、播磨CRを走った。
CRはいつものように、たくさんのローディやランナーが走っていた。
快晴でほぼ無風のコンディションだったので、みなさん気持ちよさそうに走られていた。
自転車専用道路は快適ですねnotes
車といっしょに走る必要はないので、安心して走れますわ。
久々のCRを時速30キロ前後で、自宅までぶっ飛ばして帰ってきました。

この調子なら、近々淡路島に再上陸ができるかもしれませんわflair

| | コメント (8)

2010年5月16日 (日)

練習会復帰

Photo

おっさんの週一tennis
コートの状況
 日時 :平成22年5月16日(日)
 時間 : 2H30 
 天候 :快晴
 気温 :17度
 風   :南の風メ1ートル
 コート:オムニコート 1面

今日の試合結果(すべてゲームカウント)
 第1試合 ●2-3
 第2試合 ○3-2
 第3試合 ●0-3
 第4試合 ●1-3

実に1ヶ月半ぶりの練習会参加となりました。
やっと復帰できました。
うれしいな~。
快晴のもと、テニスの練習ができるなんてhappy01

いつものように基礎練習のあと、ダブルスの試合をしました。
相手ペアが休み明けを気遣ってくれたのか、前後左右にあまり振られなかったのでなんとか第2試合までは試合の形になった。

しか~し、第3試合以降は足が止まってしまい、無様な負けとなってしまったdown
でも休み明けとしては、フォアハンドのストロークとサーブはまずまずでした。
次回は苦手なバックハンドもビシバシと打ちまくりたいと考えているpunch


今日の留意点
 1.とにかくテニスを思い出す。

今日の課題
 1.脚力不足が露呈した。
 2.バックハンドの重点練習が必要。
 
今日のファインプレイ
 1.サーブが案外好調だったflair

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

4K再試走

Photo

今日のおっさんrun

コース :播磨CR東コース
4 K   :25分05秒
往 路 :12分11秒
復 路 :12分54秒
気 温  :18度
風      :西の風2メートル

接骨院の先生に、
「痛くなければ走ってもいいよ。」
と言われたので走ってみた。
前回と同様、往路は痛くなかったし、復路は痛くなったがそう気にはならなかった。
で、決めました。

明日のテニス練習会に復帰しますtennis

たぶん直ぐにバテるでしょうがね。
試合も連戦連敗でしょうが、楽しんできますわhappy01

| | コメント (2)

2010年5月14日 (金)

呉界隈散策3.山口多聞少将旗

Photo

この旗は、ミッドウエイ海戦で大活躍した空母飛龍に掲揚されていた山口多聞少将の少将旗です。
大和ミュージアムに展示されています。
潜水艦桟橋とこの少将旗を是非とも見たくて、呉まで車を飛ばしました。

山口少将は山本五十六長官に劣らない優秀な方で、ミッドウエイ海戦で彼が連合艦隊指令長官であったなら、あんなみっともない完敗をすることは無かったと言われています。
勇猛果敢で、頭脳明晰な少将だっただけに残念です。
海戦では空母三隻は早々と撃沈させられ、一隻だけ残った空母で孤軍奮闘、敵と戦いましたが最後は力尽きました。

国家や組織が危機に立たされているときは年功序列ではなく、若くても実力のある者を起用しなければいけない見本のように最近は特に感じます。

Photo_3

大和ミュージアムと言えば、この写真を忘れてはいけません。
10分の1のスケールですが、大きさに圧倒されます。

Photo_4

大和の模型と並んで人気があるのが零戦です。
この零戦は62型で戦争後期の製造機種です。
琵琶湖に沈んでいるのを引き上げ、修復したそうです。
たくさんの方が、じっと眺めていました。

本来は続けて呉散策記を書く予定でしたが、職場でしつこいクレーマーの対応に追われ、アップする余裕がありませんでした。
来週こそは気分よくブログを書きたいと思っています。

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

自転車ぎこぎこ

伊藤礼の「自転車ぎこぎこ」読了

伊藤礼先生の自転車物第二弾です。
この本は76才で書かれ、前作に比べ1日当たりの走行距離は落ちている。
前作では北海道の道東地方を巡航し、美幌峠や知床峠を登られていたが…
最近は50キロ前後ですが、お年を考えると凄いです。
愛知県の知多半島を仲良しグループで走ったり、教え子と山陰地方を楽しく走られた。

私も定年後は先生のように、のんびりとポタリングを楽しみたいと考えている。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

呉界隈散策2.海上自衛隊呉史料館

Photo

大和ミュージアムから道路を隔てた場所に、本物の潜水艦が陸揚げされ、しかも艦内を見ることができます(一部ですけど)。
とてつもなく、でっかいです。
海に浮かんでいるのを見ると、そう大きくはないと思いましたが、陸揚げされた潜水艦を見ると、大きさに驚きます。
私はここに来たのは2度目ですが、初めて訪れた父は喜んでいました。

007

これはペルシャ湾に浮かんでいる機雷で、こんなのが至る所に浮かんでいるらしいですわ。
以前自衛隊が、掃海作業をしていましたよね。

010_2

潜水艦内に入りました。
艦長室です。
士官室や他の乗組員に比べると遙かに待遇はいいですが 、艦長室にしては質素でした。
潜水艦という性格上、スペースには限りがあるのでしょうね。

008

艦内の通路はこんな感じでした。
結構狭く、人がすれ違えないような幅しかありませんでした。

Photo_2

潜水艦の操縦席です。
前回来たときは、撮影禁止でしたが今回はどういう訳か撮影は可能でしたが、こんな所の撮影を許しても国防上は問題はないのでしょうかねcoldsweats01
しかも操縦席に座って操縦桿を持ったポーズの写真も撮ることができました。
私にとっては宝物ですわ。

魚雷発射管室はさすがに見学はできませんでした。
潜水艦内のシークレット度の一番高い場所ですから無理でした。

021

それでも潜水艦フェチの私にとって、今回の潜水艦内見学は最高の記念になりましたfuji

| | コメント (2)

2010年5月 9日 (日)

呉界隈散策1.潜水艦桟橋

今日は父と一緒に、呉に行ってきたcar
今月で高速料金の恩恵制度が終了すると聞き、朝早く出かけた。
私は平和主義者ですが、潜水艦が出てくる小説が大好きで、いつかはここを訪問したかった。
それがやっと実現しました。

Photo_6

これが呉の潜水艦桟橋です。
潜水艦桟橋は戦前は2本あったそうですが、今は一本だけです。
ここから真珠湾攻撃やミッドウエイ海戦に出撃して行ったのです。
今日は桟橋には9隻の潜水艦が碇泊しており、この桟橋には8隻碇泊していた。
たくさんの潜水艦を見ることができ、ラッキーでしたflair

Photo_4

少し南に移動して、角度を付けて撮影しました。
今日は護衛艦の一般公開日でしたが、時間の関係で見ることができなかったのは残念でした。
護衛艦の一般公開があるのなら、潜水艦の一般公開もあればいいのではないかと考えるのは、私だけでしょうかcoldsweats01

Photo_5

これは戦時中、魚雷を潜水艦の中に積み込むときに使用した魚雷揚げ下しクレーンです。
ちょっと修理すれば、今でも使用できそうな感じでした。



128

潜水艦桟橋の前の通路はちょっとした公園(「アレイからすこじま」と言います。)になっており、多くの人が写真を撮ったり、潜水艦を興味深く見ていた。
潜水艦フェチとしては、大満足なスポットでしたfuji

| | コメント (4)

2010年5月 8日 (土)

海軍操練所跡

Photo

今日は日本赤十字で講習会を受講してきた。
実技もやらせていただき、これからもやる気になったup

時間があったので坂本龍馬が塾頭をしていたという『海軍操練所跡』に行ってきた。
場所は三宮から歩いて15分ぐらいのところで、驚くことなかれ私の職場の神戸本社があるビルの東の方にありました。
そう言えば、何度か見たことがありますわ。
龍馬がいた当時の面影は全くなく、その場所には阪神高速が走っていた。

Photo_2

神戸本社の西の方の公園には、こんな石碑も建っていた。
こちらの石碑は幕末に神戸港が開港し、開国日本の貿易等に貢献した旨のことが書かれていたと思う。

明日は母の日だ。
嫁さんに神戸で美味しいと評判のロールケーキを買って帰った。
これで私の株が少しでも上がればいいのですがcoldsweats01

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

藤と4K試走

Photo_3

今日のおっさんrun
コース :播磨CR西コース
4 K   :24分47秒
往 路 :11分58秒
復 路 :12分49秒
気 温  :22度
風      :西より風3メートル

今日は久しぶりに走ってみたnotes
走り始めは肩の痛さはなかったが、後半は少しだけ痛みが走った。
久しぶりにしては結構走れましたわ。
来週あたりには肩が全快するといいのですがcoldsweats01

途中、氏神様である地元の神社に寄ってきた。
ここは藤の花が綺麗なところです。
私が小さな頃は立派な藤の花でしたが、最近は老木のためかかなり小さめです。
でも、頑張って咲いてましたよ。

Photo

境内でアイスを食べた。
快晴で気温も22度ほどあり、走っていると気持ちいい。

Photo_2

今日は偶然、市内で唯一の能舞台で雅楽の演奏会があった。
100人ぐらい聴きに来ていた。
曲名は分かりませんが、雅楽でポピュラーな曲を聞きかせてもらい、ゆったりとした時間を過ごしましたnotes

連休は今日で終わりですわ。
終わってみると早いもんですが、明日から仕事モードで頑張りたいと思っていますsign01

| | コメント (8)

2010年5月 3日 (月)

甲子園球場

Photo_8

今日は甲子園球場に行ってきた。
阪神の試合はチケットが取れないので最近は見に行っていない。
改修後はどのような球場になったのか、一度は見たいと思っていた。
エントランスは蔦がなくなり、JRの駅のようになっていた。
試合は関西大学野球で、関西大学対関西学院大学の試合でした。
東で言うところの、六大学の早慶戦を小さくした規模です。

Photo_2

球場内はこんな感じです。
椅子の幅が広くなり、お弁当やビールを置く小さなテーブルが付いていました。
球場全体が、おニューになっていました。
関大の応援が多かったです。
ブログ仲間のこやまっちさんにメールすると、カメラ小僧となりチアガールの近くで陣取って母校の応援をされているようでした。

Photo_5

応援団は終始こんな感じで、敵味方の攻撃に関係なく、エネルギッシュに応援していた。
とにかく賑やかでしたわ。
私は関大の応援団が気になって仕方がなかったcoldsweats01

Photo_7

エ~と、試合の方もしっかり観戦していましたよ。
関学リードのあと、関大の猛攻により満塁から走者一掃の二塁打で逆転しました。
6対3で関大の勝利でしたnotes

帰りしな、エントランスのところで関学のチアガールの人達に笑顔で、

『応援ありがとうございましたshine

と言われてしまい、関大を応援していたのにと良心の呵責に苛まれてしまった。
仕方がないので次回はこやまっちさんには悪いが、関学を応援することにする。

こやまっちさんは、母校の校歌や応援歌を応援団といっしょに熱唱されていたらしく、お会いできなかったのが残念でした。

| | コメント (4)

2010年5月 2日 (日)

長谷川等伯と京都散策

Photo

今日は早く起きて、国立京都博物館で開催されている『長谷川等伯展』に行ってきた。
博物館に着いたのは午前8時20分だったが、既に門から50メートルほど並んでいた。
思っていたよりもスムーズに館内に入ることができた。
3年前の『狩野永徳展』と異なり、学校の美術の授業で見たような絵はなかった。
一時は狩野永徳の元で修行をしたことがあったが、独自の境地を開き永徳のライバルとなった。



『松林図屏風』です。
濃淡で見事に描いた素晴らしい水墨画です。
霧の中に浮かび上がっている松です。
この画の前で佇んでしまいました。
静かな絵ですが、見とれてしまいました。

Photo_2

電車で三条へ。
祇園白川でにわか舞妓さんと遭遇したので、会釈をしてパチリ。

Photo_3

鳥の名前は知りませんが、白川でのんびりと遊んでました。

Photo_5

学生時代に友人の下宿に遊びに行ったことがありましたが、このあたりも歩いた記憶があります。
もうかなり昔の話ですが…
こういう風景を眺めていると、心が落ち着きますわ。

Photo_6

花見小路通に移動した。
気持ちのいい石畳です。
たくさんの人が歩いていたし、車の往来も多かったです。
『一力』というお店がありましたが、大石内蔵助が通っていたお茶屋でしょうか。
祇園歌舞練場では公演があるらしく、人出で溢れかえっていた。

Photo_7

生まれて初めて京阪電車に乗って中書島駅へ。
一度行ってみたかった坂本龍馬ゆかりの寺田屋へ行ってきた。
しかしここでも凄い人ですわ。
今、某国営放送で『龍馬伝』を放送しているので、観光客の多さにビックリです。
寺田屋は龍馬の暗殺後、鳥羽伏見の戦いにより焼失しています。
その後に建てられたのですが、当時の面影を残した建物らしいです。

連休2日目の京都の町は、どこへ行っても凄い人でしたが、等伯の絵を見て、龍馬を身近に感じることができた1日でした。

| | コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

真田幸村

今日は大阪まで行ってきた。
午前中は、私が先日購入したデータベースソフトの「桐」の講習会を受けてきた。
ワードやエクセルも理解していないのに、「桐」にチャレンジするとは自分でも無謀なことだと思いますが、「桐」の抜群な検索性能に惚れてしまったので、講習会を受ける羽目になってしまったpc


Photo_3

午後からは天王寺区の安居神社に行ってきた。
去年完成した真田幸村の銅像を見るためです。

周知のとおり、幸村は大阪夏の陣で獅子奮迅の活躍を見せた。
徳川家康の首まであと少しと迫りながら、捉えることはできなかった。

大阪の夏の陣での幸村方の消耗は激しかった。
約三千いた軍勢は次第に少なくなり、数次にわたる突撃で手勢は数十人になった。
安居神社に戻ってきて、木の下で休息を取っているときに、徳川方に襲われた。
49歳でした。
その年にすれば、お顔は老けていたが、激戦をくぐり抜けてきた証なのでしょう。

Photo_2

大きな碑の前には、お供え物がたくさん置かれていた。
今も幸村人気があるんですね。

Photo

歴女とおぼしき女性やカップルが銅像の前で手を合わせ、銅像を触っていた。
私も幸村の強い意志と実行力を少しでも見習おうと、銅像に触れてきた。
僅かでも御利益があることを期待しているhappy01

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »