« 整形外科とたこフェリー | トップページ | 砥峰高原 »

2010年10月16日 (土)

日赤救急法

今日は神戸市にある日赤hospitalで救急法を受講してきた。

救急法自体は20年ほど前に、地元の消防本部で受講したことがあったが、すっかり忘れてしまったsweat01
それに最近はAEDを用いた除細動も行われており、とても興味があった。

学科と実技があり、実技が終了後検定があると聞かされた。
この検定に合格しないと、厚生労働省のお墨付きの認定証がもらえない。
一人だけ不合格になるのが嫌なので、学科から気合いが入る。

実技が難しい。
私のように頭が固いと、知識が記憶に残らない。
何度か心肺蘇生法(AEDを含み)の練習をして検定に望んだ。
緊張したが実技の検定はクリアーできた。
最後は学科試験だった。
一問引っかけ問題に引っかかり、全問正解にはならなかったのが残念だが、なんとか検定には合格したflair
でもね、検定では全員合格でしたわ。
まんまと緊張感を持って知識と実技を覚えて欲しいという日赤側の意図に引っかかってしまいました。

今日覚えた救急法を忘れることなく、万が一のときは救急車が来るまで一時救命処置を取れるようにしたいと思っていますhappy01

|

« 整形外科とたこフェリー | トップページ | 砥峰高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 整形外科とたこフェリー | トップページ | 砥峰高原 »