« 気持ちいい | トップページ | 異動なし »

2011年2月 9日 (水)

右膝痛完治

骨盤がずれていた。

3ヶ月前から、たまに右膝に力が入らないことがあった。
ここ一週間程前からテニスやジョグそれにスクワットをすると、右膝に若干の痛みが走ることがあった。
昨日は職場の階段を上るときに、痛みが走った。
そして今日は横断歩道を駆け足で渡っていると、痛みが走った。

それで今日仕事が終わってから、姫路市広畑区にある接骨院に行ってきた。
膝関節の経年劣化で、運動禁止令が公布されるのかと心配していた。
診察してもらうと、縫工筋という筋肉の疲労による骨盤のずれが原因でした。
診察台でみてもらうと、左右の足の長さが3センチほどちがっていた。

今年の春に肩の痛みでこの接骨院に通院していたときに、10分間のストレッチとマッケンジー体操を教えていただき、ほぼ毎日行っていた。
しかし筋肉の疲労回復には10分間の精度の高いストレッチをおこなうことが必須と言われた。
実は最近、真面目にストレッチをやっていなかったのが裏目に出たようですわ。

それから1日に水を1リットル摂取するようにいわれた。
水分を摂取しないと、血管(筋肉内の血管を当然含む。)が細くなり、酸素を体内に運びにくくなる。
そうするとあらゆる筋肉の疲労が取れにくくなる。
でも水分を摂取することにより、十分な酸素を体内に供給でき、疲労も回復する。
またコーヒーや紅茶は体内で一度濾過しないといけないので、水分を摂取したことにはならないそうです。

この時期に水を飲むとトイレが近くなるのが心配なら、白湯を飲むことを進められた。
施術後、スクワットをすると右膝はまったく痛まなかった。
施術前にスクワットをしたときは、腰が真っすぐに降りず、斜めに降りていたそうです。
また首を左右に曲げにくかったのが、嘘のように曲がるようになった。
すべては骨盤のずれが原因でした。
テニスもジョグも問題なく楽しめることがわかり、大喜びで帰ってきた。

今晩からは、しっかりと10分のストレッチをおこない水分も十分摂取し、今後は骨盤がずれないようにしようと考えているhappy01

|

« 気持ちいい | トップページ | 異動なし »

コメント

私も左右の足の長さが違うんですよ。
リハビリ科の先生によると『同じ長さの人のほうが少ない。』そうです。
でも、長さが違うと体のズレを感じます。
足を崩すのが一方にしかできなかったり、片方の肩だけが凝ったり。
マーサーさんと同じく私も右膝が痛んでましたけど
スクワットをやりはじめて5日で痛みがほぼなくなりました。
筋肉を鍛えるのは大事ですね。

投稿: あゆ | 2011年2月10日 (木) 23時51分

あゆさんも右膝に痛みがあったのですよね。
順調に膝の筋力を鍛えていらっしゃると、春になると走れるかもしれませんよ。

膝が痛いと運動ができませんので、どうなるかと心配していましたが、ほぼ回復しましたのでホッとしています。
首も左右に曲がるようになりました。
 
この一年、背骨・骨盤が曲がっているのが判明し、加齢を思い知らされています。
定年後に毎日テニスをすることを目指して、日々身体を鍛えておこうと思っています。

投稿: マーサー | 2011年2月11日 (金) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気持ちいい | トップページ | 異動なし »