« トイレのトラブル | トップページ | 2011年、特に印象に残った出来事 »

2011年12月31日 (土)

年末恒例の第九~大植英次×大フィル

Photo

昨日は年末恒例の第九コンサートに行ってきました。
今年で4回目です。
今年もブログ友達のこやまっちさんとご一緒しました。
演奏前にオフ会を行い、阪神タイガースの来期のことやアメフト、旅行、PCその他諸々のお話で盛り上がりました。

Photo_2

2011年12月30日(金)
19:00開演(18:00開場)
ザ・シンフォニーホール
指揮:大植英次
ソプラノ:スザンネ・ベルンハート
ア ル ト:カロリン・マズア
テノール:トーマス・クーリー
バリトン:アンドレアス・バウアー
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団、大阪音楽大学合唱団
合唱指揮:本山秀毅

<プログラム>
バッハ/管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068 第2楽章 「エール」 
ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調「合唱付」作品125

会場は補助席まで出て、満員でした。
楽器の配列がいつもと違い、かなり変わっていた。
ティンパニーは右後方にいた。
彼は第一楽章から、気持ちよさそうにティンパニーをたたいていた。

夏の三大交響曲の夕べでは第2バイオリンを弾いていた女性が、ヴィオラを弾いていた。
バイオリンからコンバートされたのだろうか?
それとも単に私の見間違いか…

独唱のメンバーは、ドイツからやってきた。
みんな身体がデカイ。
バリトンは大きな身体から、張りのあるよく透る声で、高らかに歌い上げた。

指揮者の大植さんは、第一楽章から気合いが入っていた。
遅めのゆっくりしたテンポで、曲を進めていた。
譜面台に何か小さな紙を置いていた。
私の席からは、どのような紙なのか分からない。
気になったので、こやまっちさんに確認したところ、朝比奈隆さんの写真だったそうです。
朝比奈さんは大フィルの創始者で、10年前に亡くなられています。
演奏が終了すると大植さんは、笑顔で写真を見つめ、キスをしていた。
大植さんは、よほど朝比奈さんに思い入れがあったのでしょうね。

Photo_3

こやまっちさん、コンサートにご一緒していただき、ありがとうございました。
いや~、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
満ち足りた気分で、会場をあとにしましたhappy01

|

« トイレのトラブル | トップページ | 2011年、特に印象に残った出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレのトラブル | トップページ | 2011年、特に印象に残った出来事 »