« 「はやぶさ、遙かなる帰還」鑑賞 | トップページ | 診察日 »

2012年3月 4日 (日)

藤岡幸夫のクラシック マスターズピース

Photo

今日はジョギングのあと、コンサートを聴きに行ってましたnotes

加古川市民会館を訪れたのは、30数年ぶりでした。
前回は学生時代で、デートでクラシック音楽を聴きに行きました。
彼女と最前列の中央席でコンサートを聴いていました。
確か前橋汀子のバイオリンコンサートでした。
力強いチゴイネルワイゼンが印象的でしたね。

[日時] 2012年3月4日(日)
     15:00開演
[場所] 加古川市民会館 大ホール

[出演] 指揮:藤岡幸夫
     司会:都築由美
     管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
[プログラム]ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92
        ドボルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」
        アンコール曲:故郷(ふるさと)

関西フィルの編成は大フィルの編成の3分の2ぐらいの人数でしたが、小人数が気にならない見事な演奏でした。

第7番は、ドラマ「のだめカンタービレ」のテーマ曲です。
全曲を通じて聴くのは初めてで、生演奏を聴くのも初めてでした。
この曲は、不幸のどん底に落ち込んでいたベートーベンに、新しい恋人ができ、戦争も終わりそして新しいパトロンも見つかり、絶頂期にあったときに作られた作品です。
全曲を通じて、リズミカルで快活な感じがしました。

「新世界より」を聴くのは今年初めてです。
祖国のチェコとインディアンそれに黒人音楽が融合した素晴らしい曲です。
シンバルが、わずか1個所だけ、「ジャーン」と鳴るのですが、大きな音で「ジャーン」ではなく、聞こえるか聞こえないかの小さな音で「ジャーン」と鳴らします。
その鳴らした音が見事でしたね。
まさに職人芸のようでしたよ。
「新世界より」は何度聞いても、心がときめくし、安らぎますね。

心の急速充電補給ができたので、明日から元気に過ごせそうですわhappy01

|

« 「はやぶさ、遙かなる帰還」鑑賞 | トップページ | 診察日 »

コメント

ジョギングのあとクラシック鑑賞ですか。
すごく有意義な一日ですね。
でも私の場合、ジョギングしたあとでクラッシック
を聴いたらぐっすりと眠り込んでしまうでしょうね。(笑)

投稿: 風来坊 | 2012年3月 5日 (月) 10時17分

風来坊さん、こんばんは。

ジョギングと言っても、ほんの数キロでして、ブログに書くのが恥ずかしくなるような距離ですわsweat01
暖かくなってきたので、ぼちぼち身体を動かそうと思うようになりました。

クラシックはいいですよ。
心の洗濯をしてくれます。
私にとっては、本当に心の急速充電補給ですよ。
風来坊さんも、ご一緒にいかがですかhappy01

投稿: マーサー | 2012年3月 5日 (月) 20時51分

今年初のクラシックコンサートでしたね。
いいプログラムですね。
ベートーベンの7番は私はまだ生で聴いたことがないです。
第二楽章が葬送行進曲として有名です。
ラストも盛り上がるので私は好きです。
新世界はマーサーさんお気に入りの曲ですものね。
私は来週コバケン親子の演奏を聴いてきます♪

投稿: こやまっち | 2012年3月10日 (土) 08時04分

こやまっちさん、コメントありがとうございます。
7番もよかったですね。
のだめカンタービレのオープニング曲ですが、ベートーベンの喜びが伝わってくるような曲でした。

また新世界よりは、期待を裏切らない演奏でした。
関西フィルと藤岡さんには、あまりいい印象は持っていなかったのですが、当日の演奏を聴いて考えを変えましたよ。

4月になれば、三大交響曲の夕べのチケットが販売されるそうですね。
今年こそは良い席を取って、コバケンワールドを堪能したいと思っていますhappy01

投稿: マーサー | 2012年3月10日 (土) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はやぶさ、遙かなる帰還」鑑賞 | トップページ | 診察日 »