« テニスは楽しい | トップページ | テニスコートは快晴 »

2012年5月11日 (金)

司馬遼太郞記念館

2_2

今日は久しぶりに休暇が取れたので、東大阪市にある司馬遼太郞記念館を訪れた。
平成22年1月に訪れて以来、2年ぶりの訪問です。

平成22年1月28日のブログはここです。

今月の下旬まで、「坂の上の雲」の日本海海戦の特集を展示していると聞いたので行ってみました。
前回は道に迷ってしまい、近鉄河内小阪駅から20分かかってしまったが、今日は迷わなかった。

Photo

敷地内にある司馬邸は前回と変わりはなかった。
縁側に書斎があり、生前のままの状態で保存されていた。
ここでたくさんの本が執筆されたそうです。

014

記念館のエントランスです。
建物の左側の通路に沿って、奥へ進みます。

4

奥のドアの前に看板がありました。

記念館の内部の特別展示は、そう大がかりなものではありませんが、時系列に日本海海戦の経過を地図上に表示され、分かりやすく展示されていました。
連合艦隊司令長官東郷平八郎が日本海海戦に向かう前、部下を鼓舞するために発した、有名な言葉が書かれた掛け軸が飾られていました。

皇国の興廃此の一戦にあり、各員一層奮闘努力せよ。

日露戦争は、ロシアという大国の暴挙に対し、日本はやむにやまれず戦いを挑んだ戦争です。
一般市民や僧侶に至るまで、兵に志願したそうです。
国の一大事だったのです。

日露戦争と比べると、今回の東日本大震災や関西圏の夏の15.7%電力不足なんて、克服できる課題ではないでしょうか。
知恵を出し合って、国民全員で課題に取り組めば、きっと課題は克服できますよ。
司馬さんも、きっとそのように考えられているように思います。

そんな思いを胸に、記念館を後にしました。

|

« テニスは楽しい | トップページ | テニスコートは快晴 »

コメント

国会中継見ていると
本当に国のことを考えてる議員はいないな
・・・と思ってしまいますが、
逆に本当に国のことを考えている国民もいないのかも。
私利私欲を捨てて、
国の未来を考えねばいけない時なのかもしれませんね。

投稿: あゆ | 2012年5月12日 (土) 20時21分

あゆさん、議員なんて所詮自分のことだけですよ。
みんな人ごと、のんきなものですわ。

で、私は何をやってるのかと言えば、お国のお役に立つようなことは何もやっておりませんわ。
取りあえず、元気を出して今日もテニスに行ってきましたcoldsweats01

投稿: マーサー | 2012年5月13日 (日) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テニスは楽しい | トップページ | テニスコートは快晴 »