« 7キロLSD | トップページ | ほぼ淡一 »

2012年9月 9日 (日)

驚きの受動喫煙

Photo

嫁さんと父から、寝ているときに咳をしていると先日言われた。
気になっていたので、昨日、重い腰を上げて評判のいい呼吸器科がある医院に行ってきた。

レントゲンを撮って貰い、医師の発言に驚いた。

「ぜんそくが20年前に出たのであれば、今回も喘息の可能性があります。喘息は治りません。呼吸音は喘息患者の音はまったくせず、喫煙者の音です。またレントゲン写真を見てみるとこれはまさに喫煙者の肺で、肺の中が黒くなっていますよ。」

と驚天動地のコペルニクス的なことを言われてしまったcoldsweats02

私はタバコは生涯6本ほどしか吸ったことはなく、しかもそれは30年前の20代前半です。
それ以降はまったく吸ったことはありません。

医師は言いました。

医「それなら典型的な受動喫煙ではないでしょうか。喫煙者がたくさんいるところで仕事をしたことはありませんか?」

私「そう言えば25年前ほど、職場の窓口の待合がタバコの煙がもうもうと立ちこめるところで、数年間仕事をしたことがありますわ!!」

最近は何処でも分煙化が進んでいますが、その当時は職場内の喫煙は当然でした。

それに今年2月に咳が出るので見てもらった医師は、同様に呼吸音を聞いて、レントゲン写真も撮ったが、今回の医師のような所見ではなく、正常そのものだと言われた。
しかも毎年健康診断をしているが、診断結果には、

「肺は黒いです。」

との診断結果は未だかつて見たことはありません。

そして大きな疑問は、白黒のレントゲン写真で肺の中は黒いかどうかはなぜ分かるのかと思い、自宅にいる放射線技師のたまご(長女)に聞いてみると、

「周りとのコントラストで判断するのでは。肺の中が黒くなっているのなら、受動喫煙の期間と同期間、綺麗な空気な所で生活するといいらしいよ。」

とたまごに言われた。
一瞬、空気の綺麗な田舎に引っ越そうかとも考えたが、そんなことは不可能です。

医師は、

医「喘息治療も進めますので、経過を見ましょう。趣味は? マラソンとテニス?よくま~走れますね。苦しくないですか?」

私「いえいえ、まったく苦しくありませんよ。走り終えたら気分爽快ですわ!」

と答えた。

次回は2週間後に診察してもらうことになり、気分は落ち込んだまま帰路についた。
皆さんも受動喫煙にはくれぐれも気をつけて下さいねnosmoking


今朝も昨日と同じ距離を走ってきた。
LSDというよりもペース走ですね。
播磨CR東コースは相変わらず、たくさんの人が走っていた。

距離:7キロ
往路:23分50秒
復路:24分31秒
気温:27度
風 :南南東
風速:5メートル

|

« 7キロLSD | トップページ | ほぼ淡一 »

コメント

受動喫煙、恐ろしいですね。
全く吸わないのに旦那さんの受動喫煙が原因で
肺ガンになる奥様もいるそうです。
我が家の場合は父の受動喫煙が何十年と続いていたし
職場のモクモクもすごかったしで
私の肺も危ういかもしれません。coldsweats01
呼吸器は専門医でないとわからないらしいですよ。
今までに診ていただいたDrは呼吸器の専門ではなかったのかもしれませんね。
大学病院で
「受動喫煙も膵炎の原因になりますよ。」
と言われたこともありました。
怖いです。wobbly

投稿: あゆ | 2012年9月 9日 (日) 21時11分

あゆさん、まさか自分が受動喫煙のため、肺の中が黒くなっているとは夢にだに思いませんでしたよ。

最近少し、息がしにくいというか、重いという感じがするときがありますが、正常の範囲内だと思っています。

受動喫煙と膵炎は因果関係があるのですかね!?
なんだか25年前に戻って、タバコを吸っている奴の前に行き、

「私の肺を返せ!」

と言ってやりたい気分ですわpunch

でも受動喫煙で肺が痛んでいるのなら、少しでも肺の黒さがよくなるように、対策を考えようと思っています。

あゆさんも機会があれば、呼吸器の専門医に肺のレントゲンを撮ってみられてはいかがでしょうか?

投稿: マーサー | 2012年9月10日 (月) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7キロLSD | トップページ | ほぼ淡一 »