« 久しぶりのジョグ | トップページ | 旧友と再会 »

2013年4月29日 (月)

ボストン美術館展と真田幸村

Photo

土曜日に大阪市立美術館で開催されている「ボストン美術館、日本美術の至宝」展に行って来ました。
天王寺駅には8時30分に着いたのですが、地理が分かりませんので迷いに迷いました。

地図とにらめっこをして人に聞きながら大阪市立美術館に到着しました。
8時45分頃でしたので、たくさんの人が並んでいるのではと思っていましたが、なんと私で2番目でした。
それもほとんどタッチの差で同年配の女性が一番乗りでした。

京都の国立博物館や市立美術館の有名な展覧会だと、いつもたくさんの人が並んでいるのにある意味びっくりしました。

開場まで時間があるので、女性と雑談をしました。
北陸から来ていて、今日はこのあと奈良の博物館に行って、明日は京都の国立博物館と市立美術館に行くと言われていた。

Photo_2

長谷川等伯などの作品がありましたが、特に印象に残ったのが曽我蕭白の「雲龍図(ボストン美術館蔵)」が圧巻でした。
ダイナミックであんな大きな雲龍図を見たことがありません。

それに曽我蕭白なんて画家も知りませんでした。
彼は江戸時代の画家で、私が住んでいる播磨地方にも住んでいたことがあるそうです。

日本にあれば国宝間違いなしの絵画と会うことができ、なかなか良い気分転換になりました。

Photo_3

美術館を出て、安居神社へ久しぶりに行って来た(前回の記事はこちらです)。
ここは私にとって、パワースポットなんですわ。
大阪夏の陣で大活躍をした真田幸村の戦死した地と言われており、幸村の銅像があります。

Photo_4

前回来たときは歴女ブームの時で、たくさんの女性が来ていました。
しかしこの日は歴女はいなくて、私のような中年男が参拝に来ていた。
ある願い事がかなうように参拝し、幸村像を撫でて彼のパワーを分けて頂いた。
銅像を見ていると彼から、

「元気にやってるか。無理せずに、ぼちぼちやれよ。」

と言われているように感じた。

Photo_6

社務所で六文銭が描かれたお守りを買って、神主さんと雑談をした。

心の急速充電補給ができたように感じた一日でしたhappy01

|

« 久しぶりのジョグ | トップページ | 旧友と再会 »

コメント

海外の美術館の大好きな私は記事に小躍りしましたよ。happy01
・・・と思いきや、日本の美術展だったのですね。
二重でオドロキです。
ウィーンのシェーンブルク宮殿にも伊万里焼き等がある、日本の間がありますし
日本の美術は日本人が思っている以上に評価されているのかもしれませんね。
良いリフレッシュタイムになったようで何よりでした。

投稿: あゆ | 2013年5月 1日 (水) 23時31分

あゆさん、私も海外の美術館は好きなんですが、貧乏暇なしで関西近隣で徘徊しております(汗)

ボストン美術館展は、確か数年前にも京都市立美術館で開催されていたので見に行ったことがありましたが、今回の展示物は日本に里帰りした絵画や仏像が中心でした。

休みの日にゆっくりと、好きな絵画を鑑賞するのは至福のひとときでしたよhappy01

投稿: マーサー | 2013年5月 3日 (金) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのジョグ | トップページ | 旧友と再会 »