« 楽しいテニス練習会 | トップページ | エコー検査と血液検査結果 »

2013年9月23日 (月)

少年H鑑賞(明石東宝閉館)

Photo

明石東宝が24日をもって閉館すると聞いて、映画館に足を運んだ。

45年ほど前は旧市内には国道2号線を西から白鳥座、明石東映そして明石東宝と並んで映画館があった。

24日で明石東宝が閉館し、映画館は旧市内にはなくなってしまう(本町日活と大久保駅にシネコンはありますが。)。

明石東宝には50年ほど前に、祖母に「東京オリンピック」の映画を見に連れて行ってもらったことがありました。

少年Hは、戦争の愚かさを実感させられた。

神戸が舞台の映画で、鷹取駅や須磨海岸から眺めた淡路島が出てきて、身近に感じられた。

映画の中で父である水谷豊が、

「世の中で何が起こっているのか、しっかりと見ていなさい。」

という旨のことを話している。
現在の私に言われているように思った。

駅前再開発で、思い出深いビルが姿を消します。
寂しくなりますね。

|

« 楽しいテニス練習会 | トップページ | エコー検査と血液検査結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しいテニス練習会 | トップページ | エコー検査と血液検査結果 »