2013年9月19日 (木)

お気軽に明石大橋まで

Photo

今日は夏休みの6日目で、天気がいいので久しぶりに自転車で明石大橋まで走ってきましたbicycle
巡航速度約20キロのお気軽ペースで、途中あちらこちらと寄り道をしながら走りましたので、案外時間はかかってしまいましたcoldsweats01

2

明石大橋に到着すると、毎度のことですが中国人の観光客の多いこと。
彼らの政府は、我が日本をぼろくそに非難しているのもかかわらず、人民達は日本に観光に来るんですね。
でも彼らが日本にやってくるお陰で、少しは観光産業は潤っているのかも知れませんね。

3

大橋の袂では、将棋を楽しまれている高齢者の方がたくさんいました。
いい頭の体操になるんでしょうね。

4

帰りに毎度定番のソフトクリームをジェノバラインのすぐ近くにある「くるみや」で購入しました。
昨年までいた、目がパッチリとしたお姉ちゃんがいなかったのは残念です。
なおソフトクリームは10月までやってますよと、新しいお姉ちゃんに教えて貰った。

5

播磨CRを走って松江海岸に到着すると、若いアベックがサーフィンの練習をしていた。
彼らの若さがまぶしくて、羨ましいですね。

脇見をしながら、楽しく走ってきましたhappy01

走行距離:34キロ

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

ランニングコース距離再測定

Photo

どうもランニングコースの距離があやふやなところがあるので、自転車に付けているサイクルコンピューターで計り直しました。

1キロから5キロまでは500メートルずつ、それ以降は1キロずつ測定しました。

Photo_2

すると、なんと15キロ地点が明石海峡大橋でした。

092

大橋の真下まで行くと、つまらないフェンスが設置されていました。
誰が、こんなつまらないフェンスを設置したんでしょうかね。
最高の景観が台無しでよわsweat01

Photo_3

それはともかく、往路のお気に入りのケーキ屋でソフトクリームを食べ、気分よく帰宅しました。

帰宅してらからは、牛乳とペプシコーラで急速充電補給を図った。
三連休はスポーツ三昧で、ほんとに楽しかったです。

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

ほぼ淡一

Photo

昨日は自転車で淡路島に行ってきました。

淡路島を自転車で一周することを「淡一」というのですが、私も淡一を狙っていたsign01
しかし、結果的にはほぼ一周(5分の4周)の自宅から135.34キロを走行してきた。

播磨CR東コースを20キロ少々のスピードで巡航し、明石港で7時20分発のジェノバラインにぎりぎり間に合った。

Photo_3

岩屋港には7時33分に到着。
まずは洲本市を目指して、時速22キロほどで巡航した。

Photo_4

廃墟になった観音像の前を順調に走ります。
この頃はまだまだ元気ですscissors

Photo_5

津名には8時49分到着。
しかし既にお尻と首が痛くなりつつある。
私はほっそりとしているので、ロードレーサーに乗っていると、すぐにお尻が痛くなります。
ここで即攻チャージを投入した。

Photo_7

岩屋、津名方面を振り返る。
本土はほとんど見ることはできない。

9時35分、淡路支店に到着。
顔見知りの職員と話をする。
総務課に行って挨拶をしたら、「久しぶり。」と言うことで冷たいお茶を出して下さり、支店長とも話をした。
せっかく洲本まで来たのだから、昔お世話になった大先輩の事務所に行くことにした。

開業されている事務所を教えてもらい、事務所に10時35分到着。
出かけられており、10分ほど待っていると先輩が帰って来られた。
かれこれ20年ぶりでしたが、先輩は私のことをよく覚えておいて下さり、いろんな話で盛り上がったnotes
お寿司もごちそうになり、お忙しいのに3時間も長居してしまった。
先輩の事務所を出て、尻痛のため淡一はあきらめ、福良港に向かった。

Photo_6

サバスプロテインを投入する。
しかし思うようにお尻の痛みは治まらないdown

Photo_8

福良港に到着した。
大鳴門大橋は見えるのではと期待したが、まったく見えなかった。
ここに咸臨丸がいた。

Photo_9

ブルーベリーソフトクリームを食べて、英気を養った。

Photo_10

それからも休憩を多めに入れ、また上り坂は無理をせずロードレーサーを押して登ったcoldsweats01

Photo_11

淡路島の西海岸からは、小豆島や家島諸島が遠望することができました。
淡路サンセットロードをひたすら北上します。

Photo_12

ますますお尻は痛くなっています。
最後に寄ったコンビニで野球青年に、岩屋はどのくらいかと聞くと、親切に

「あと1時間くらいで着きますよ。頑張って下さいね。」

と励ましてもらった。

Photo_13

このあたりになると、日没寸前です。
対岸の明かりは、自宅のあるあたりと推定されます。

日没までには岩屋港に到着をするのではと思っていたが、真っ暗闇を延々と走り、なんとか19時5分に到着した。

ジェノバラインに乗船し、真っ暗な播磨CR東コースを走って自宅に帰り着いたのは20時30分でした。

Photo_14

体力のなさを痛感したし疲れ切りましたが、久しぶりに大先輩に会えて、いろんな話を聞くことができました。
また淡路島の人々の暖かさに触れることもできて、とても充実した1日でした。

| | コメント (2)

2011年11月10日 (木)

輪行袋収納練習

Photo_2

先日購入した輪行袋の収納練習に自転車店に行ってきた。
今日は代休でしたので、平日ですが時間がたっぷりあります。
お店の女性が指導して下さることになり、練習開始。

しかしロードバイクを購入して2年になるのに、前輪後輪を外したことがありません(幸いにもパンク経験がありませんので。)。
おまけにチェーンが真っ黒けに汚れており、指導してくれた女性に笑われしまったdown
なんせ私は何も知らない初心者ですが、手取り足取り指導いただいた。
手やウインドブレーカーを真っ黒にしながら、何とか自転車は輪行袋に入りました。

時間がかかりましたね。
え~と、1時間ちょっとでした。
『慣れると5分で収納できるようになりますよ』と励ましていただいたが、私にはいくら考えても30分はかかりそうだ。
しかしせっかく買ったのだから、十二分に使おうと考えていますhappy01

今日のおっさんrun
コース :播磨CR東コース
4  K  :25分07秒
往 路 :12分21秒
復 路 :12分46秒
気 温  :14度
風      :北東の風1メートル

| | コメント (2)

2011年10月10日 (月)

15K走る

今日で楽しい楽しい三連休は終わってしまった。
天候に恵まれ、自宅近辺でチンタラと過ごしました。

今日は15キロ走りました。
自分の足ではなくて、自分のロードレーサーでですが…

中年のおっさんである私は、若い頃と比べると脚力が落ちている。
それは年のせいであるのは、重々承知しています。
身体的には無理はできないでしょうが、今の体力を「1」とすると、せめて「1.1」か、あわよくば「1.2」を目指して、体力アップに努めようかと思っています。

それで、自宅から播磨サイクリングロードを、自転車のサイコン(サイクルコンピューター)で実測し、距離を測り直しました。
自宅から、1キロ、2キロ、3キロなどと。

今週から、少しだけ頑張って脚力アップを図りたいと考えていますhappy01

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

しまなみ海道(9月27日)

Photo_2

長年行ってみたいと思っていた「しまなみ海道」に、やっと行くことができましたscissors
快晴ほぼ無風の絶好のチャリンコ日和でしたsun
おかげで私の顔は、真っ黒になってしまいましたが…

「さくら」仕様の「ひかり」に乗って、福山駅に到着した。
座席は横4列で、座席の広さは「のぞみ」や「ひかり」に比べると結構広かった。

Photo_6

在来線に乗り換えて、尾道駅に9時前に到着した。
小さな駅のすぐ前が、海になっている。
駅前の自転車ターミナルでMTBをレンタルした。
この自転車を選んだことが、大きな選択ミスになるとは、この時は夢にも思わなかった。

Photo_7

9時20分頃、渡船に乗って向島へ。
向島の造船所では、長くて大きな船が造られていた。
中国に対抗して、実は極秘で海上自衛隊が空母airplaneを建造しているのかもしれない(笑)

Photo_8

ほどなく向島に到着。
あっという間に着きました。

Photo_9

向島内を自分の体調を確認しながら、ゆっくり走行した。
まだまだ元気に、因島大橋を渡る。
この橋は2段構造になっていて、下が自転車や歩行者が通り、上は自動車が走ることになっている。
平日なので他の自転車はあんまり見かけず、おじさんがのんびりと散歩をしていた。

Photo_10

因島内は若干のアップダウンのあるコースでした。
尾道のサイクリングターミナルで頂いたサイクリングマップを参考に、順調に走った。
どの橋もそうですが、橋への取付道路の急勾配で体力を使った。
快晴無風な絶好のチャリンコ日和での、美しい生口橋です。

Photo_11

橋の上からの写真です。
景色が最高ですsign03
波は穏やかで、小さな船が行き来しています。
ここで、THE BOOMの「風になりたい」を口ずさみながら、気持ちのいい風を受けて快調に生口島に向かったnotes

Photo_12

生口島の海岸線を走る。
しまなみ海道を走るサイクリストに有名な「瀬戸田ドルチェ」に立ち寄った。
マンゴージェラートを注文し、店外の椅子に座り、佐木島と海を眺めながらのんびり食べた。

Photo_13

瀬戸田サンセットビーチをのんびり走行。
あんまり人はいないし、自転車もいない。
お盆は大変な自転車だったと聞いているが、月末の平日は自転車は来ないだろう。

Photo_14

多々羅大橋への取付道路のすぐ近くにある休憩所で休んだ。
レンタルしたMTBはこんなのです。
なかなかペダルが重いですわsweat01

105

ウイダーINゼリーとサバスの秒速エネルギーチャージで、急速栄養補給をはかる。
だいぶ体力を消耗したので、いいタイミングだった。
気持ちだけでも、エネルギー補給は完了した。

Photo_16

多々羅大橋を渡る。
自転車道が広くて、落ち着いた気分で走れた。
それにしても橋を渡っている車の数も、自転車同様少ないですわ。

Photo_18

大三島→伯方島に渡り、13時頃に「マリンオアシス伯方」でやっと昼食を取った。
食べたのは「焼豚目玉焼定食」です。
ご飯の量が少なかったのが残念ですが、美味しかったです。
ここで十分な栄養補給を完了した。

Photo_19

伯方・大島大橋を何とか走行し、最後の島の大島に到着した。
しか~し、この大島が想定外でした。
なんと走行ルートが山岳道路(私の個人的な見解ですがcoldsweats01)で、アップダウンが続きます。
そのため急速に体力を消耗し、ついに上り坂を歩いてしまいました。
重要なミッションであった亀老山へのヒルクライムは諦め、道の駅でソフトクリームを食べて、急速栄養補給を行った。
ここの道の駅では、ロードレーサーやMTBはたまたママチャリまで、いろんな自転車が集結していた。
みんなここで十分に休憩し、最後の力を振り絞って来島海峡大橋を渡ろうとしているのです。

Photo_20

Photo_21

本当に波が穏やかな海です。
小さな船が忙しそうに行き来しています。
私の好きな潜水艦が呉港から潜航し、ここで急速浮上してくるかもと期待したのですが、当然ですが期待は外れましたcoldsweats01

Photo_22

疲れ切った身体で、なんとか橋を渡りきった。
あとはJR今治駅のサイクリングターミナルにMTBを返却するだけだ。
しまなみ海道を完走できた喜びに浸りながら、今治駅に向かった。

しか~し、今治駅になかなか到着しないdown
道を間違えたのだろうか?
いや、そんなことはない。
そろそろ今治駅だろうと思い、歩道を歩いていた綺麗なお姉ちゃんに、
「今治駅はもうすぐですか」と聞いてみたら
「いえいえ、まだまだですよ。あと5キロはありますよ。」
と笑顔で答えてくれた。
仕方がないので気合いを入れ直して懸命に走り、16時30分頃に今治サイクリングターミナルに無事に到着した。

あ~、しんどかった、疲れ果てました。
でも楽しかったな~shine
来年は自分のロードレーサーを輪行袋で運び、亀老山へのヒルクライムミッションも成功させたいと考えていますhappy01

| | コメント (2)

2011年9月27日 (火)

速報、しまなみ海道

Photo

行ってきました、しまなみ海道へsign03
今日は実は夏休み2日目で、満を持して新幹線で尾道へ。
快晴若干の風はありましたが、最高のリャリンコ日和でしたbicycle
自分のロードバイクを持参したかったのですが、輪行袋を持っていないので尾道でMTBをレンタルしました。

Photo_2


Photo_4


脚力に若干の不安がありましたが、なんとかJR今治駅に到着しました。
走り終わったときは、

「もう二度と来るものかng

と思いましたが、もしかしてチャンスがあれば、次回は自分のロードバイクを持参したいと思います。
今日はヘロヘロに疲れているので、詳細は後日アップしたいと思いますhappy01

Photo_5

Photo_6

| | コメント (4)

速報、しまなみ海道

Photo

行ってきました、しまなみ海道へsign03
今日は実は夏休み2日目で、満を持して新幹線で尾道へ。
快晴若干の風はありましたが、最高のリャリンコ日和でしたbicycle
自分のロードバイクを持参したかったのですが、輪行袋を持っていないので尾道でMTBをレンタルしました。

Photo_2


Photo_4


脚力に若干の不安がありましたが、なんとかJR今治駅に到着しました。
走り終わったときは、

「もう二度と来るものかng

と思いましたが、もしかしてチャンスがあれば、次回は自分のロードバイクを持参したいと思います。
今日はヘロヘロに疲れているので、詳細は後日アップしたいと思いますhappy01

Photo_5

Photo_6

| | コメント (4)

2011年4月16日 (土)

お花見IN明石公園

Photo

今日は久しぶりにロードバイクに乗った。
よく考えると今年初めてでした。
私は寒がりのため、冬の間はまったくロードバイクに乗ろうとは思わなかった。
海岸で写真を撮ったが、靄っていて淡路島は見えなかった。

播磨CRは、マラソンの練習をしている老若男女がたくさんいた。
去年まではこんなに練習をしている人は多くなかったのに、皆さん第一回神戸マラソンを狙っているのだろうか。

Photo_2

明石公園には午前8時10分に到着。

Photo_3

階段をバイクを担いで上り、本丸あたりを散策した。

Photo_4

私が大好きな枝を広く張っている桜の木は、散り始めていて残念でした。

Photo_5


Photo_6

剛の池東側のほとりは、明石公園では桜の木が多いところです。

Photo_7

Photo_8

桜並木が何ヶ所かあり、ボーと眺めていると心が安らぎます。

Photo_9

剛の池を北に歩き、第二野球場に行ってみました。
両翼80メートル、センター97メートルの少し小さめの球場では、市内の中学の野球大会が行われていた
試合カードは大久保北中学と野々池中学で、無心に白球を追っていた。
最近の中学生は背丈が高く、高校生かと思いましたよ。

Photo_10

剛の池西側に戻って、池のほとりをのんびり歩いた。
ここのスポットは私的には大好きな場所です。
ベンチに腰掛け、ぼんやりと桜を眺めていた。
座っていると思い出した。
去年ここに来たときは、水筒に入れたホットコーヒーと菓子パンで朝食をしていた夫婦がいた。
私も来年はそうしようと思っていたのに、すっかり忘れていた。
来年こそは水筒に熱々のコーヒーを入れ、美味しい菓子パンをもって、本でも読みながら朝食を楽しみたいと思っています。

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14


Photo_15

桜見物のあと、このまま帰るのはもったいないので、藤江屋分大本店に寄ってきた。
柏餅と大福それに最中を買った。
家に帰って、昼食後柏餅と最中を食べたが、甘さ控え目で私的には大変美味しかった。

Photo_16

ついでに「くるみや本店」にも寄ってきた。
ここでは毎度恒例のソフトクリームを注文した。
去年はいた綺麗なお姉ちゃんはいなくなっていて残念だが、新しい綺麗なお姉ちゃんがいたので、今年も贔屓にしようと思っている。
淡路島に渡る定期航路乗り場近くに腰を掛け、美味しいソフトクリームを食する幸せを感じていました。

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

紅葉狩りIN三木山森林公園

Photo

行ってきました、三木市にある三木山森林公園へsign03
去年は強風のため、途中で行くのをあきらめましたが、今日は快晴無風のチャリンコ日和でしたわ。
登り坂はやっぱりしんどいですね。
ま~、非力なエンジンですから仕方がないのですが…

Photo_3

休憩を入れずにダイレクトに三木山森林公園へ。
ここには、まだ子供達が小さかった頃に何度か訪れたことがありました。
駐車場は紅葉を求めてたくさんの車が止まっていた。

Photo_4

しかし、紅葉しているスポットが見あたらない。
あとで知り合ったおじさんによると、今年の紅葉は遅いと言われた。
ある特定の種類の木々だけが綺麗に紅葉しており、あとはまだまだでした。
三木市細川町にある慈眼寺が有名だそうで、毎年たくさんの方が訪れると情報を頂いた。
それならばと私も、加西市の奥山寺を紹介してあげた。
私が昨年行ったお寺で訪れる人も少ないですが、心が洗われるような真っ赤な紅葉でしたからね。
お互いに貴重な情報交換ができ、綺麗な紅葉を見られることを願って別れた。

公園内を歩いていても紅葉が見あたらない。
奥の方に進んでいくと、『もみじ谷』と書かれた標識があった。
山道から上がってきた人にお聞きすると、けっこう紅葉が綺麗だそうだ。

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

8

9

山道を進んでいくと、燃えるように真っ赤になった紅葉を見ることができた。
しばし、見とれていました。

心が洗われましたhappy01

撮影スポットでは、たくさんの方がカメラを紅葉に向けていた。
私も負けじとパチパチと。

Photo_11

銀杏がすっくときれいに枝を広げていた。

Photo_12

復路はお腹が減ったので、稲美町の松葉堂で豆大福を食した。
美味しかったですわ。

綺麗な紅葉に満足して、ポタポタとチャリンコを漕いで帰ってきた。

本日の走行距離:42.15K

| | コメント (7)

より以前の記事一覧